日帰りで楽しむスノボ

スノボに行くなら、泊りがけの旅行でと考えている人もいるのではないでしょうか。

@niftyニュースの口コミ情報をまとめました。

ゲレンデまでは遠いので移動時間がかかってしまうものであり、せっかく遠くまで行くのなら泊まっていきたいと思ってしまいます。

しかし、現地で泊まることになれば宿泊費がかかることになり、予算的には高額になってしまいます。
連休が取りにくいという人になれば、なかなかスノボを滑ることすらできなくなってしまいますが、日帰りバスツアーであればリーズナブルな料金で気軽に楽しむことができます。

日帰りバスツアーには二つの種類があり、多くの便が用意されているのが夜行発です。

乗車場所や便によっても出発時間に違いはありますが、だいたい夜の22時頃の遅めの時間であることが一般的です。
仕事がある日であっても、仕事が終わって帰宅をし、入浴と夕食を済ませてからでも間に合う時間帯になっています。
寝るだけの準備をしてバスに乗車し、寝ているうちにあっという間に白銀の世界に到着をしています。

スノボーツアーのサイトが登場しました。

シーズン中はいつも混んでいるイメージがあるゲレンデですが、よりすいている時間帯というのが朝の早めの時間です。

バスは朝一番に到着をするので、リフト運行開始時間のすいている時間から滑り始めることができます。


また、車中泊は避けたいという人や消灯になるのが不安という女性であれば、朝発の日帰りスノボバスツアーで参加することもできます。

自分の布団で寝てから明るい時間に出発をするので、安心して利用ができます。